印紙税 余談(確定申告2)

めでたく確定申告を提出したのはいいのですが、毎回はらはらしているのが、申告書に記載した所得金額や税金の計算を間違えていなかっただろうか。。。。とゆうことです。
申告を間違えたがために、税金を多く納めすぎていた場合や、還付を受けた税金が少なかったことが分かった場合には、正しい金額に訂正する請求書を提出することができます。これを更正の請求といいます。
更正の請求は、原則として法定申告期限から1年以内に限り請求することが可能です。

逆に、納付すべき税金の額を過小評価して申告していた場合、修正申告と呼ばれる申告をすることになります。
修正申告とは、納税者が自ら税額の増額修正を申告することです。
修正申告には、ペナルティが課せられるので、節税のためにも、確定申告の時に、正確に提出しましょう。

Comments are closed.