収入印紙と消印

収入印紙には購入して書類に貼っただけでは納付にはなりません。
これを消印する必要があることを忘れないようにしましょう。

契約書などの消印には契約した人が押印した印鑑を消印とする場合もありますが、契約した時の印鑑と消印につかう印鑑は同じな必要はありmせん・。
作成した人の印鑑であったり、代理人、もしくは従業員などの印鑑でも構いません。
あと複数の人がかかわっている書類もありますよね。
そういった場合でも誰か一人が消印として印鑑を押せばよく、書類にかかわった人全員の分が必要なわけではありません。

この消印の役割というのは、切手のように何度も使われるのを防止するためのものであるので、そこまで申告に考えるものでもありません。
切手に消印が押してあるのも、切手というのは水につけておくとはがすことができますよね。
そうしてはがすとまた使えてしまいます。そのため消印が押してあるのですが、収入印紙の場合も同じ役割ですね。

そして大事な書類だからと収入印紙の張り方に、緊張することもあるかもしれませんが、収入印紙の有無で契約の効力が変わることはありません。
ただ契約書が複数ある場合、その複数の書類すべてに印紙が必要となります。
一般的には契約当事者の人数分作成し、自分が保存する契約書に自分で収入印紙をはる方法が多いのではないでしょうか。
あくまで一般的な商慣習であるので、この方法がすべてというわけでもありませんが。

Comments are closed.