印紙税の軽減措置

平成9年4月1日から平成21年3月31日までの間に作成される下記の2種類の契約書について、印紙税の税率が軽減措置がなされます。

①土地建物売買契約書等の不動産の譲渡に関する契約書ので、契約書に記載された契約金額が1,000万円を超過する。
②建物建築工事請負契約書等の建設工事の請負に関する契約書で、契約書に記載された契約金額が1,000万円を超過する。

1千万円を超え5千万円以下 — 2万円 ⇒1万5千円
5千万円を超え1億円以下 —– 6万円 ⇒4万5千円
1億円を超え5億円以下——-10万円⇒ 8万円
5億円を超え10億円以下——20万円 ⇒18万円
10億円を超え50億円以下—–40万円⇒ 36万円
50億円を超える————-60万円 ⇒54万円

Comments are closed.